専門学校からの保育士資格取得について

保育士資格を取得するには、大きく、年1回の国家試験を受け合格をする方法と資格取得が可能な養成学校を卒業する2つの方法があります。

どちらの方法も原則、高校の卒業が求められますが養成学校の場合、卒業と同時に資格取得が可能となります。養成学校とは厚生労働大臣に指定された養成機関をさし、大学・短期大学・専門学校があります。

つまり、指定を受けていない大学や短大、専門学校を卒業している場合には国家試験を受けることになります。保育士を目指す際に専門学校を選ぶ場合には注意が必要です。選択で押さえておきたいポイントには、指定校か併修校、2年制か3年制、幼稚園教諭資格取得が可能かどうかの3点があり、特に指定校と併修校の確認は必要になります。

まず、指定校は養成学校であり、厚生労働大臣によって保育士養成機関として認定されています。そして、卒業をすることで幼稚園教諭2種免許状と保育士証が与えられます。一方、併修校では段階を踏まなければ指定校と同じ資格が与えられないことがあり、その分負担が増すことになります。

具体的には卒業までの間に指定を受けた短大のカリキュラムの併修があり、短大を卒業することが求められます。また、学費についても専門学校とは別に必要になり、修了までには通信教育からスクリーニングと段階的に受けていく必要があります。

現在、養成機関としての専門学校は非常に数が少なく、多くは大学や短大が指定を受けています。一方、併修校は全国に数多くあり入学しやすい面があります。中には奨学金を設けたり夜間に対応している学校もあり、選ぶ際には内容をよく確認して判断をすることが大切になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *