保育士専門学校の学生寮に入る手続きの流れを知ろう

遠い地方から保育士専門学校に入学する人にとっては、在学中の住居選びにおいて学生寮も選択肢の一つに入るでしょう。

保育士専門学校の学生寮に入るためには所定の手続きをふまなければなりませんが、その流れは学生寮を管理もしくは運営をしている業者によって異なります。

一般的な入寮の流れは、まず入寮申込書を提出するところから始まりますが、この申込書は保育士専門学校の入学願書の書類と一緒に提出するところと、合格が通知されてから提出するところの2つに分かれています。

前者の方針がとられている学校では、入寮希望者が入試に合格した場合に学校が学生寮の管理運営者に申込書を転送し、後者の方法を採っている学校では入試合格者が学生寮の管理運営者に直接入寮申込書を提出します。

申込書を受け取った学生寮の管理運営者は入寮資格を満たしているかどうかを簡単に審査し、充足していることを確認したら入寮に必要な費用を納めるための振込用紙や入寮契約書、寮を利用する際の注意点が記載された書類などが入った封筒を申込者に送付します。

入寮申込者は、指定の期日までに入寮契約書に必要事項を記入して返送し、金融機関に諸費用の払い込みを済ませます。すると後日、入寮証明書とともに入寮予定日連絡ハガキが送付されてくるので、ハガキに希望日を記入して契約した寮に送付しましょう。

あとは、希望日に契約先の寮に行き、所定の手続きをとるだけです。学生寮に入ることができるのは4月1日以降としているところが多いですが、事情があればそれより前に入寮することもできるので、連絡ハガキを送る前に寮の管理運営者に相談してみましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *