専門学校で保育士資格を取得する

保育士になる為には厚生労働省が指定した養成施設を卒業して保育士の国家試験を受験して合格する事が必要になります。

保育士になる為の養成施設とは4年制大学、短大、専門学校があるので専門学校は選択肢の一つです。専門学校で勉強するメリットは入学してから卒業までの期間が4年制大学と比べると短い期間で済むという事です。学費的にも4年制大学よりも安く済むので経済的な面でもメリットがあります。さらに卒業と同時に資格が取得できるのもメリットです。

逆に専門学校を選ぶ事のデメリットは4年制大学よりも短い期間で勉強を進めていくので、勉強を進めていくペースがはやくて負担になる事があります。短期間で学ぶことになるので、時間的なゆとりも4年制大学と比べると無いので働きながら通う事が難しいです。また限られた時間で保育の勉強を進めるので、他の分野を学ぶゆとりがありません。保育士の専門学校には指定校と併修校があります。

指定校の場合はその学校で勉強して卒業することで資格取得が可能ですが、併修校の場合は厚生労働省に指定がない為に指定を受けた短大の通信課程も同時に入学して卒業しなければいけないので注意するべきです。2年制の学校と3年制の学校がありますが、2年制の学校の方が主流になっています。平日の夕方以降から授業がある学校では3年制の学校が多く、仕事など他の事と両立しながら勉強して卒業を目指す人には3年制の学校が通いやすいです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *