保育士の国家資格取得に専門学校が適切な理由

テレビや新聞などで待機児童の問題が大きく取り沙汰され、併せて保育士の処遇の厳しさについても議論されることになりました。

特に人材不足の問題は極めて深刻であり、人が不足しているから余計に長時間労働になるといった悪循環に陥っています。しかしながら、こういった問題が表面化することで、処遇の改善が進んでいるのも事実です。例えば、契約社員や短時間雇用社員といった求人はこれまでであれば考えられなかったことであり、保育士への転職希望者を増やす要因ともなっています。

処遇改善とともに転職希望者を増やしている保育士ですが、実際に転職するためには国家資格を取得する必要があります。そのためには、国家試験を受験する必要がありますが、独学で合格することは非常に難しいことですから、一般的には2年生の専門学校に通うことになります。厚生労働大臣が指定した専門学校であれば、国家試験を受験しなくても、その課程を修了することで国家資格が与えられるので、仕事を続けながら取得することも可能です。

保育士の仕事は、非常にやりがいのある仕事であり、さらに需要が高まることが予想されています。その処遇についても、まだまだ改善されていきますから職業としても魅力があります。仕事を続けながら専門学校に通うことは、非常に厳しいことですが、夜間制を導入している専門学校もありますので、自分のライフスタイルに合った学校やコースを探すことが大切であり、国家資格を取得する近道でもあるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *