保育士の専門学校選びの重要性

昨今は保育士の不足が社会問題の1つになっています。

この背景には保育士の方の数が少ないということ以上に、免許を持っていてもそれを使っていないという方が多いということが挙げられます。保育士の方の負担が非常に大きいということは想像しやすいことですが、その待遇が良くないという保育園は多くあります。そのため、待遇の悪い保育園で働くよりも一般的な企業で働くという判断がなされやすく、その免許が活用されないという事例は頻発しています。

確かに保育所の待遇は大きな問題であり、一刻も早い改善が求められますが、実は中には待遇の良い保育園もあります。それは公立の保育園です。保育園の中にも公立の保育園は存在し、そこではある程度の水準を保った雇用がなされています。そのため、保育士になろうと考えるならば公立も視野に入れておくのがおすすめです。しかし、保育園では待遇の差が非常に大きいため、その中で待遇の良いところに雇われようとすると、それなりの競争になります。

そこで専門学校選びが重要となります。専門学校を卒業した後は基本的に就職することになるので、しっかりと技術を身につけさせてくれる専門学校に通うことが重要となります。公立の保育園とのパイプを持っている専門学校というのは基本的に考えられませんが、評判の良し悪しというものはあります。専門学校にどの程度の設備が揃っているか、評判はどうかなどをしっかりとチェックして決めることが重要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *