専門学校で保育士になる

保育士として働くために必要なのは「保育士資格」を取ることが必須です。

この資格を取得するためには厚生労働省から認定された大学、短大、そして専門学校を卒業すれば無試験で資格を取得でき働くことができます。学校を卒業しないで国家試験を受験し資格を取得する方法もありますが合格率は低めですし、学校に通うのが一般的です。保育士資格が取得できる学校かどうか確認することは大前提ですが、どの学校を選ぶのがいいのでしょうか。専門学校で学び資格を取得する。

こちらを選んだ場合はどういったメリットがあるでしょう。他の専門学校でも言えることですが、保育の現場で役立つ内容を集中して学べること、4年制大学などと比べ短期間で資格を取得でき現場で働くことができるといったところです。現場ですぐに実践できる専門性の高いスキルを身に着けることができるのは人材不足の保育の現場での強みにつながるはずです。短期間なので学費の面でも大学と比べ負担は軽くなります。逆にデメリットとしては短期間の為、実習、授業と多忙になります。

また、大学や短大と違い保育士以外の仕事に就くことになった場合学ぶ幅が一つに集中しているため選択肢が狭まってしまいます。保育士の仕事しか自分は選ばない強い意志や覚悟を持つことが専門学校を選ぶうえで大切になってきます。就職面では幼稚園教諭免許を同時取得できる学校もありますので、幼稚園でも働いてみたいと思っている人は、同時取得が可能な専門学校も候補として探してみるといいと思います。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *