専門学校で保育士を目指す

保育士になるためには国家資格を受験して合格するか、厚生労働省が定めた保育士養成施設を卒業する必要があります。

そのため、多くの人は養成施設に入学し、卒業する方法をとる場合が多いです。養成施設としては4年制大学や短大、専門学校があり、それぞれメリットやデメリットがあります。その中でも、専門学校を卒業して保育士になるという選択肢ですが、メリットとして2年で学校を卒業して就職できることと、学費が安いこと、夜間通える学校があるということなどが挙げられます。例えば、4年制大学はじっくりと知識と技術を身につけることができますが、早く卒業して就職したいという人には不向きです。

奨学金を借りている人であれば、学校に通う期間自体を短くしたい場合がありますし、早く就職して返還を開始したいという場合もあるかもしれません。また、働きながら保育士を目指したいという人にも専門学校は向いています。夜間の時間帯のコースを設けているところは決して多くはありませんが、自分で学費を稼ぎつつ勉強もすることができるため、一度社会人になった人や、事情があり奨学金を借りない人などにも人気です。

ただし、幼稚園教諭の資格を合わせて取得することができるかどうかは、通う専門学校に異なります。幼稚園教諭の資格を取得しておくと就職の際に活躍の場が広げられるため、気になる人は自分が通いたい学校で資格を取得できるか、調べてみることがおすすめです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *