専門学校で保育士になるメリットとは?

保育士の資格を取得を望んでいる場合2種類の選択肢があります。

まず1つ目が、保育士養成施設を卒業する方法です。2つ目として国家試験に合格する方法がありますが、現実的には1つ目の保育士養成施設の保育士専門学校に通うことが資格取得への最短の道だといわれています。養成施設には4年制大学若しくは短大さらに専門学校という選択肢があり、高卒以上の学歴が入学条件となります。そんな中専門学校に入学するメリットはいくつかあり、2年生の学校もありますが基本的には2年間という時間で資格を取得することができ、卒業と同時に資格を取得することができるようになっています。

4年制大学と比較した場合学費も安く、幼稚園教諭などの資格を取得する学校も存在しています。2年間で資格を取得することができるというのは保育士として卒業後すぐに現場で働くことができますし、学費費用を抑えて確実に資格を取得することができます。専門学校を選ぶ上でそれぞれの違いを知っておく必要があります。まず厚生労働大臣の指定保育士養成施設である指定校、指定を受けた短大のカリキュラムを併修する必要のある併修校というものがあります。さらに2年制と3年制を選ぶことができます。

幼稚園教諭の資格も一緒にとっておきたいと思われている方には就職先に応用が利くようにとっておきたいという方もおられるかもしれません。幼保一体化という考え方が普及している現在、認定こども園が増えています。両方の資格を取得しておくことで活躍の場を広げやすくなるといえます。そういった意味でも専門学校の選択は非常に大切だといえます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *