専門学校から保育士になるメリットとデメリット

保育士の資格を取得する方法はいくつかあります。

保育士養成課程のある、大学、短期大学、専門学校に通って課程を修了する、または試験に合格するという方法です。学校に通って課程を修了すると、卒業と同時に資格を取得できるというメリットがあります。専門学校に通って保育士になるメリットは、卒業と同時に資格を取得できることのほか、2年(3年制の場合もあり)という短い期間で課程を修了し、早く社会に出ることができる点です。

そして、2年という短い学習期間である分、学費も安く済む傾向があります。また、幼稚園教諭2種免許など他の資格を同時に取得できる専門学校もあり、就職時に選択の幅が広がります。その他、昼夜、夜間と通える時間帯を選べる学校もあり、ライフスタイルに合わせて通うことができます。逆にデメリットは、2年間という短い期間に、保育の知識や技術を習得しなければならないので、忙しい日々を送ることになります。

就職してすぐ即戦力として活躍できるような実践的な指導が期待できる反面、2年の間でしっかり学習しなければ課程を修了できない可能性もあります。また、大学や短期大学の場合、一般教養課程があり、保育以外のことを学べますが、専門学校の場合、保育に特化していることから、それ以外の教養課程は学びにくいといえます。このように、専門学校から保育士になる場合、メリットとデメリットが存在しますが、保育士として早く現場で働きたい、費用をなるべく抑えて学習したいという人におすすめといえます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *