保育士を目指すには専門学校を卒業する方法が最適

保育士は人気の職業でありながら、人材不足も社会問題となっている職種でもあります。

人材確保のために子育てとの両立ができるような待遇など、良い条件を提示している保育施設も多い傾向にあります。それに加え、その地区や政府からの賃金の援助などの対策も行なわれているのが特徴です。保育士を目指すには、これから高校を卒業し将来を見据えて仕事をしていきたいと考えている場合には、4年制の保育系の大学もしくは、2年制の保育専門学校や短期大学に進み、卒業と同時に資格を取得することが望ましいでしょう。

すでに社会人として仕事している場合でも、もちろん学校に入学し卒業することもできますが、時間的制約がある場合には、通信講座で勉強し、試験に合格する方法もあります。保育士試験は、毎年多くの受験者が挑戦する人気の試験ですが、その合格率は約10%と大変にハードルの高い試験なので、夜間課程を受講できる専門学校に通う方が確実に資格を取得できると言えます。
専門学校にも種類があり、厚生大臣による認定された指定校と短期大学でのカリキュラムを同時に受講する併修校があり、併修校は短期大学もきちんと卒業しなくてはならないことに注意が必要です。

いずれも2年間の中で、保育の実技や知識を習得しなくてはならないので、かなりハードが生活となることも心得ておきましょう。保育士資格のほかにも幼稚園教諭免許を取得できる専門学校もあるので、将来性を考えてより有効的な就職先を探すには、いずれも取得しておく方が多くのメリットがあると言われています。そのため、専門学校選びには幼稚園教諭免許の取得の可否も確認をしてから、学校を決めるのが良いようです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *