保育士になりたいなら専門学校へ行って学ぼう

保育士は専門学校や大学・短大を卒業しなくても、試験に合格して資格を取得すれば就ける職業です。

しかし、知識だけを身に付ける試験勉強では、実際の現場で求められる能力やスキルを習得することはできません。それゆえに、試験に合格して働き出した人たちは理想と現実とのギャップに悩んだり、できないことだらけで落ち込む結果になるケースも少なくありません。このようなことになってしまわないためにも、保育士として働く時に役立つ技術やスキルまでを総合的に学ぶことのできる専門学校や大学・短大に通うことをおすすめします。

専門学校や大学・短大では研修制度を設けている場所も多く、保育士の卵として実際の現場へと飛び出していき、決められた期間内、プロの先生たちと一緒に子どもたちと触れ合うことで、現場で必要となる能力や技術・スキルを自然と体得することができます。
また、保育士のための専門学校や大学・短大では定期的に現場で働く卒業生を学校へと招き、働いてみて感じていることや学生の内に積極的に学んでおいた方が良いこと・身に付けておいた方が良いこと等といったアドバイスをもらえる機会を作っている場所も多くあります。

実際に自分が現場に出てからこのようなことを学ぶとなると、新しい環境になれることと同時に行わなければいけないので、とても大変です。専門学校などに通っているうちに保育士に必要なスキルまで学んでおけば、その分の手間を省くことができるので、実際に働き出してからは余裕を持って子どもと向き合うことができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *