保育士専門学校で資格を取る

保育士の資格を取るためには、厚生労働大臣の指定する養成施設を卒業するか国家資格に合格する必要があります。

養成施設の中には専門学校があり、学校によっては幼稚園教諭の資格を取得することが可能です。

保育士の専門学校で資格を取得するメリットとしては、卒業と同時に資格を取得できることです。

学校によって3年の場合がありますが、ほとんどの場合、2年で資格を取得できます。また、授業内容が充実しているため、保育の現場ですぐに役立つ知識や技術を身につけることができます。4年制の大学にくらべて学費が安くて済むこともメリットです。

保育士になるための専門学校選びのポイントとしては、他の学校に比べて実践が多く卒業後にすぐに即戦力として働くことができるため、具体的な勉強をしたいと考えている方に向いています。

学校によって音楽などのピアノに力を入れていたり、就職後のサポート体制がしっかりしていたりとそれぞれの特色を持っているので、勉強内容や卒業してからの就職などに対して自分の考えとマッチする学校を選ぶことがおすすめです。

近年の就職率をみても4年制大学や短期大学よりも就職率が高い傾向にあり、武器となる専門的技術を身につけることで、就職してから即戦力となる専門知識や専門技術を身につけることができます。

学校を選ぶ時には、学費や通いやすさ、学校の方針や授業内容、就職十世紀やサポートを確認して自分にあった学校を選ぶことが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *