保育士の専門学校について

保育士の専門学校では、保育士資格と幼稚園教諭の両方の資格が、国家試験なしで取得できます。

その為には単位を落さない様にしてきちんと卒業することが条件になります。

専門学校だけでなく、保育科のある大学でも保育士と幼稚園教諭の資格が取得できます。専門学校でも、大学と同じ様に高額な授業料が掛かります。

また入学試験も行われるので誰もが入れるという訳ではありません。専門学校でも大学の様に文化祭があったり行事も行われます。

オペレッタなどの制作発表などが行われる学校もあります。楽しい学生生活が送れるでしょう。

授業は毎日大変です。子供の発達や心理学や保健の授業などがあります。教室で授業を聞いているだけではありません。保育の専門学校では、体育の授業が頻繁にあります。

体を動かす事があまり好きではないという人は、大変かもしれません。ダンスを習うだけでなく自分で振り付けを考えたりする場合もあります。

また子供向けのリトミックの授業もあります。ピアノの授業は必ずあります。
保育園に就職する人はピアノを弾く事は殆どないですが、幼稚園勤務の場合は、毎日ピアノを弾かなければなりません。ピアノが苦手だという人は、保育園で働く人が多いです。

全くピアノを弾いたことがないという人はかなり大変になりますが、先生が1から教えてくれますので頑張りましょう。

保育園と幼稚園の教育実習も、数週間行われます。実際にクラスに入る事で様々な事を勉強できます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *